ED

糖尿病性EDとは?健康な生活や漢方精力剤で少しでも改善する努力をしよう!

この記事は、

  • 糖尿病性EDとはなにか?
  • 糖尿病性EDはどのように改善すべきか?

について解説します。

 

三船敏男
糖尿病はマジで怖いです!

 

糖尿病とは?

糖尿病とは

 

糖尿病は、他のしんどい病気を併発させやすいという意味で、厄介な病気です。

糖尿病には掛からないことをおすすめします。

 

三船敏男
糖尿病は笑い話にできない病気です!

 

糖尿病は血管の病気です

糖尿病は、おしっこから糖が出る病気と認識されがちですが、そうではありません。

体内の高血糖が続く状態を指します。(血液中のブドウ糖濃度が高い状態です)

尿に糖が出るのは、高血糖が続いた結果の話です。

 

高血糖が続くことで、血管や神経を痛めてしまいます。

結果的に、様々な合併症を起こします。

 

三船敏男
糖尿病はなりたくない病気トップ5に入ります

 

糖尿病性EDとは?

糖尿病性EDとは

 

糖尿病性EDとは、糖尿病の人が発症するEDです。

 

そもそも、糖尿病の人は、EDを発生しやすいです。

糖尿病の人は、糖尿病じゃない人の「2~4倍の確率でEDになりやすい」と言われています。

 

糖尿病の人がEDになりやすいのは世界の常識

糖尿病の人がEDになりやすいのは世界の常識です。

日本性機能学会が監修している『ED診療ガイドライン』によると、糖尿病患者のED含有率は下記になります。

 

  • 自己記入方式の調査→35~46%
  • 直接面接方式の調査→36~65%

 

またEDを判定する『国際勃起機能スコア』では、

  • 肥満の人のED率は、71~86%

となっています。

 

つまり、糖尿病の人はEDになりやすいです。

 

三船敏男
糖尿病性EDの人は、全国に100万人いると言われています

 

糖尿病でEDになる理由

勃起は通常、以下の4つが正常に機能して起こります。

 

  • 脳:性的な興奮を感じるために必要
  • 神経:興奮を伝達するために必要
  • 血管:血流を十分に確保するために必要
  • 海綿体:勃起を維持するために必要

 

糖尿病になると、上記の4つがうまいこと機能しません

それにより、糖尿病性EDを発症してしまいます。

 

例えば、糖尿病で血流が不十分になり、EDになる

糖尿病になると、血管が硬くなり、弾力性が失われます。

そうなると、性的な刺激を受けても血管が拡張されなかったり、ペニスの平滑筋が弛緩しにくくなったりします。

その結果、ペニスへの血液流入量が不十分で、満足いく勃起ができません。

 

神経伝達がうまくいかずにEDになることがある

糖尿病によって高血糖の状態が続くと、神経繊維が減少し、繊維密度が低下します。

その結果、神経内部が低酸素状態に陥ります。

神経内部が低酸素状態になると、ペニスの感覚が鈍くなったり、海綿体に分布する神経が障害を受けたりします。

こうなると、ペニスはなかなか勃ちません。

 

糖尿病の合併症によるED

糖尿病の人は、他の病気を併発しやすい傾向になります。

(併せて病気になることを合併症と言います)

 

糖尿病の主な合併症は下記です

  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害

など

 

糖尿病の合併症で、EDになることがあります。

 

糖尿病の合併症によるEDの例「自律神経失調症の延長でのED」

糖尿病×自律神経失調症の延長で、EDになることがあります。

 

自律神経失調症の症状は、全身に影響します。

当然、泌尿器系・生殖器系へも影響します。

その結果生じるのがペニス系の病気です。

その中にEDも含まれます。

 

糖尿病×自律神経失調症の延長で発症するペニス系の病気

  • 勃起障害
  • 射精障害
  • 精子形成障害

など

 

三船敏男
糖尿病×自律神経失調症×EDは強烈ですな!

 

その他合併症の延長でEDになることは多々ある

自律神経失調症以外にも、糖尿病の合併症がEDに関連することは明らかになっています。

以下の自覚症状がある人は、EDが重症化しやすいです。

 

以下の症状の人がある人はEDになりやすい

  • 両足先・足裏のしびれ
  • 両足底の違和感
  • 排尿障害

など

 

糖尿病×EDになりやすい人

糖尿病の人は、全員EDになるわけではありません。

特に、以下の人がなりやすいです。

 

  • 糖尿病に掛かっている期間が長い
  • インスリン治験者
  • 血糖コントロールが不良だ
  • 動脈硬化が進んでいる
  • 栄養バランスが偏った食事をしている
  • 運動不足だ
  • 1日20本以上喫煙する

 

逆に言えば、健康的な食事・睡眠・運動の取れているライフスタイルであれば、糖尿病でもEDになりにくいです。

 

三船敏男
そもそも健康な人は糖尿病になりにくいのですが・・

 

糖尿病の人がEDを改善するには?

糖尿病EDの改善方法

 

糖尿病は、完治が期待できません。

なので、糖尿病自体を治すための治療は不可です。

 

しかし、それ以上ひどくならないための治療は可能です。

糖尿病の治療を行う上で、EDの症状が軽減される場合があります。

 

三船敏男
ED治療薬や漢方精力剤とは併用できます

 

①健康な体づくりを意識する

食事療法、運動療法、薬物療法を駆使して、糖尿病の改善を目指しましょう。

これらは健康な体を作るための手順です。

 

糖尿病の改善を目指す中で、血流が良くなり、神経障害を防ぐことが期待できます。

また、他の合併症の予防にもなります。

健康な体づくりこそ、糖尿病ED改善のためのファーストチョイスです。

 

②漢方精力剤を使う

糖尿病になって病院へ行くと、インスリンを内服したり、注射したりすることになります。

しかし、そうなるとほとんど勃起しなくなってしまいます。

「射精している感覚はあるけど精液が出ない」という人がいるほどです。

 

そのような人は、インスリン以外の方法で血糖値を正常に維持する必要があります。

その役割にピッタリなのが、「漢方精力剤」です。

 

漢方精力剤は、漢方で構成されています。

血管に不自然な作用を与えません。

天然のもので体を変えていけるので安全です。

おすすめの漢方精力剤ランキングベスト3

 

糖尿病性EDについて、社会に希望すること

糖尿病の人がEDになりやすいという事実は、社会的な認知度がまだまだ低いです。

 

実際、ある研究報告では、「医師は糖尿病EDへの関心が低いという見解が示されています。

その結果、糖尿病性EDの患者に対する適切な処置がなされていません。

「糖尿病とEDを考える会」の全国調査では、

ED患者の32%がED薬物療法の希望を持っている一方で、

多くのED患者が「EDは加齢現象で仕方がない」と諦めていると報告されています。

 

糖尿病性EDは、たしかに改善が難しいです。

しかし、希望を捨てるべき病気ではありません。

 

  • ドクターがより糖尿病EDに関心を持つこと
  • 社会的にもっと認知されること

で、糖尿病性EDの人への関心が深まった社会がやってきます。

 

最後に

糖尿病性EDについて見てきました。

厄介な病気であることがわかります。

元を辿れば、糖尿病が悩みを拡散させていることがわかります。

 

糖尿病にならないためには、または糖尿病を少しでも改善していくには、健康な生活習慣が必要です。

暴飲暴食したり、ダラダラせずに、日々過ごしていきましょう^^

 

三船敏男
ボーッと生きてんじゃねぇよ!

-ED
-, , ,

© 2020 漢方精力剤の教科書「ペニスの拳」

\ 史上最高品質の漢方精力剤! /
\ 史上最高品質の漢方精力剤! /