漢方精力剤はなぜ人気なのか?健康と勃起の両方が期待できます

漢方精力剤とは

 

漢方精力剤とは、漢方薬の性質を持つ精力剤です。

漢方の考え方を取り入れるつつ、勃起薬の良さも取り入れています。

商品としては昔からありましたが、これといった定義づけはありませんでした。

なので、認知がなされていなかった状況です。

 

しかし、漢方精力剤には根強いファンがいるのも事実です。

健康に良くちゃんと勃起する具合がウケています。

 

漢方とはなにか?精力剤とはなにか?を元に、

漢方精力剤とは何か?を掘り下げます。

 

漢方とは?

中国の棚田

 

漢方は、古代の中医学をベースに、日本独自に発展してきた医学体系です。

「漢方」と「漢方薬」は同じものだと勘違いされがちですが、その中身は似て非なるものです。

 

漢方はあくまでも、医学体系を指します。

漢方薬は、東洋医学の治療法の1つです。

被った考え方をする部分もありますが、基本的には別物です。

 

漢方の歴史をみます。

漢方の歴史

中国で記念撮影する人

 

漢方という言葉は、日本独自の言葉です。

昔に中国から伝わり、日本独自の文化へと変化を遂げていきました。

  • オリジナル→中国
  • アレンジ→日本

といった形です。

長い歴史の中で、経験が積み重ねられ、今日に至ります。

 

6世紀頃に中国から医学が伝わったのがスタート

当時の日本は、様々な文化や技術を中国から輸入していました。

医学(漢方)もその内の1つです。

6世紀頃、中国の医学が伝えられたました。

7世紀以降、遣隋使や遣唐使が中国へ行くようになり、中国との正式な交流が始まりました。

そして、中国文化と共に、様々な医学書が輸入されるようになりました。

 

江戸時代に「漢方」という名前が定着する

漢方という名前は、江戸時代の後期に定着しました。

オランダ系の医学が長崎に入るようになり、「蘭方」という言葉と比較して使われるようになりました。

明治時代以降は、西洋医学に対した言葉として「漢方」は使われています。

中国医学をベースにした伝統的な日本の医学が漢方です。

 

漢方の考え方

陰陽五行

 

漢方の考え方に、「病気ではなく病人をみる」というものがあります。

漢方は全体のバランスをみるのが特徴です。

 

対して、西洋医学は、病気の症状に重きを置きます。

その症状にフォーカスし、その症状を改善するために治療を行います。

 

漢方薬の「未病」という考え方がわかりやすい

漢方薬には、「未病(みびょう)」という考え方があります。

これは、「自覚症状はあるけど原因がわからないものに適しています」という考え方です。

「病気ではないけど健康ではない」「倦怠感が続いている」などが具体例です。

 

西洋薬は、特定の症状に対して、強い作用を発揮しやすいです。

緊急の病気や、重症の場合には西洋薬の方が向いているとされています。

 

続いて、精力剤についてみていきます。

上記漢方の概念が入った精力剤が、漢方精力剤です。

 

精力剤とは?

音楽を聞いてノリノリの女性

 

精力剤は、性機能増強のための薬や食品のことを指します。

大きく分けて、「勃起薬(医薬品)」「強壮剤(医薬品以外)」に分けられます。

漢方精力剤は、強壮剤に分類されます。

 

勃起薬(医薬品)について

勃起薬は、勃起に特化した西洋薬です。

ペニスを無理やり勃起させるための薬です。

  • 即効性が高い
  • 無理やり勃たせる

という効果を持ちます。

効果が強力な分、副作用報告も多いです。

 

バイアグラやレビトラ、シアリスが三代勃起薬と言われます。

 

三代勃起薬の特徴

バイアグラ、レビトラ、シアリスの特徴を書いていきます。

 

バイアグラバイアグラ

バイアグラは、船越英一郎が使用していたことで有名です。

シルデナフィルが主成分です。

シルディナフィルには、勃起を沈める効果を持つ「PDE-5」という酵素の働きを阻害する役割があります。

飲んだ後30〜60分で効果が表れます。

食事の影響を受けやすいので、飲む前には食事を控えなければいけません。

 

レビトラ

レビトラ

 

レビトラも有名な勃起薬です。

主成分はバルデナフィルです。

「PDE-5」の働きを阻害する効果に加え、水溶性という性質を持ちます。

水溶性なので吸収の効率が良いです。

実際、バイアグラよりも効果が表れるのが早いです。

持続時間も長く、食事の影響も受けにくいです。

バイアグラのアップデート版と呼ばれます。

 

シアリス

シアリス

 

シアリスは2013年にバイアグラを抑えて世界No.1シェアを獲得しています。

主成分はタダラフィルです。

これも、「PDE-5」の働きを阻害する効果があります。

 

バイアグラやレビトラと比較すると、効果が表れ始めるのが遅いです。

しかし、持続時間に関しては圧倒的に長いです。

1度飲んだら36時間の持続が期待できます。

 

強壮剤(医薬品以外)について

強壮剤は、医薬品ではないので薬局ネットで購入できます。

アミノ酸や漢方の力で勃起力をアップさせます。

体に大きな負荷を掛ける成分は含まれていません。

なので、副作用がないのが原則です。(※ただし漢方薬のように、体質に合わないなどで副作用が出ることも考えられます)

 

体全体の身体能力アップを促す効果のある成分を多く含みます。

なので、精力アップだけではなく、体力アップ疲労回復効果も期待できます。

体を健康にして、精力をアップさせたい人におすすめです。

 

実際に強壮剤を飲んだ人の感想例

  • 勃起した
  • 硬さが上がった
  • 中折れしなくなった
  • 精子量がアップした

 

勃起薬と強壮剤のどちらかを選ぶかは好みによる

格好をつける女性

 

勃起薬と強壮剤は、どちらも上手に付き合うことで、最大の利益を得られます。

「とにかく今日は勝負だ!」というときには、勃起薬が選ばれがちです。

「勃起薬はしんどい」「体を健康にしていきつつ、ペニスを勃起させていきたい」という方は、強壮剤を選びます。

 

漢方精力剤は「漢方の性質」と「強壮剤の性質」を持つ精力剤

漢方精力剤は、漢方の性質と、強壮剤の性質を併せ持つものです。

立ち位置的には、「強壮剤の中の1つ」と考えるとイメージしやすいです。

勃起不全の人が、より健康的に、より勃起しやすいように考えられました。

体の衰えを実感して、「昔とは違うよな」という方に、漢方精力剤をお試しいただきたいです。

 

漢方精力剤を使った人の感想

漢方精力剤の効果について、確信をついた感想を紹介します。

 

勃起薬と全然違う。

副作用はなくてペニスは勃つ。

 

強壮剤ともまた違う。

もっと余裕で勃起する。

 

勃起薬と強壮剤の良い所を取ったのが漢方精力剤です。

独特の感覚にハマってしまいます。

 

漢方精力剤はこんなのがある

人気の漢方精力剤をまとめたランキングを作成しました。

評判の良い製品をまとめていますので、漢方精力剤選びの参考にしてください。

 

→ ランキング(現在準備中です)

 

決められない方は龍覇王を

龍覇王

どの精力剤を選べばわからないという方は、龍覇王をお選びください。

龍覇王はファンが後を絶たない、病みつきになる漢方精力剤です。

その効果のほどを、是非ともお試しください。

 

→ H&Bストア売上1位の漢方精力剤「龍覇王」で勃起する人が続出中な件

 

 

最後に

カフェで仕事をする女性

 

漢方精力剤とはなにかを掘り下げました。

健康になれる、勃起できる、という観点が気に入られています。

魅力たっぷりの漢方精力剤を、是非とも一度お試しください。

執筆者: 北斗ケンジロウ

© 2020 漢方精力剤の教科書「ペニスの拳」

\ 史上最高品質の漢方精力剤! /
\ 史上最高品質の漢方精力剤! /