絶倫 食べ物

なぜコーヒーで勃起しやすくなると言われるのか?カフェインの特徴をまとめました

コーヒーやエナジードリンクには、カフェインが含まれます。

カフェインは、勃起力をアップさせる効果があるという説は、今のところは優勢です。

カフェインの特徴を知ることで、カフェインとの向き合い方が見えてきます。

カフェインとはなにか、掘り下げます。

 

このサイトでは、勃起と健康の両方を手に入れることが期待できる漢方精力剤についての特集記事を書いています。

そちらの記事もご覧ください。

→  おすすめの漢方精力剤ランキングベスト3

 

カフェインはEDに効果があるのか?

コーヒー

 

カフェインには勃起不全の改善に効果をもたらすのでしょうか?

その答えとしては、

「確かにEDの改善に効果を発揮するかもしれない。しかしその真偽のほどは定かではない」

という形になります。

 

実際に、「カフェインを摂取してEDが改善されたよ」という研究はあります。

しかし、研究数が少なく、細かなデータが取れていないのが現状です。

 

理論的には、「ED改善に繋がるはずだ」という声と、「いや、逆に勃起には良くないだろう」という声の両方が存在しています。

どちらを信じたら良いものか・・情報が錯綜しているのが現状です。

この記事では、カフェインについて知っている情報を、全てお伝えします。

 

テキサス大学健康科学センター・ヒューストン校の研究の研究結果「カフェインを摂るとEDになりにくい」

テキサスの大学で行われた研究では「傾向として、一定量のカフェインを摂取する人は勃起の問題に悩まない」ということがわかりました。

つまり、カフェインを摂るとEDになりにくい、という話です。

3700人以上の男性を対象とした研究でした。

テキサス大学の研究結果は下記です。

 

  • 1日に2~3杯のコーヒーに相当する170~375mgのカフェインを摂取した人は、コーヒーを飲まなかった人に比べると、勃起不全(ED)になる確率が42%低い
  • 理由としては、カフェインはペニスの動脈を弛緩させ、血流が増加するのを助長し、それにより一連の効果をもたらすから
  • それは、「バイアグラのような勃起機能不全の治療薬(ED薬)に似た効果を生み出します」

 

テキサスの大学の研究結果が言いたいこと

この研究では、「カフェインはED改善に役立ちます」ということを言っています。

しかし、注意して欲しいのは、

カフェインが作用しているのか、それとも、カフェインを摂取する生活をしている人の生活習慣が適切なために勃起不全に悩んでいる人が少ないのか、どちらなのかわかっていない

という点です。

もしかしたら、カフェイン以外の生活面が、ED改善に役立ったのかもしれません。

カフェインが科学的に本当にEDに有効なのかは、さらなる調査が必要です。

 

カフェインはED改善に良い影響を与えるという人の理論

カフェインはED改善に有効だという考えを見えていきます。

カフェインには以下の効果があるので、ED改善に有効だとされています。

 

血液量が増加する

血

 

カフェインには、血管を拡張する作用があります。

ペニスに血液が流れることで、勃起しやすくなります

 

リラックスできる

リラックス

 

心因性のEDの人は心の問題で勃起できません。

カフェインにはリラックスさせる効果があり、勃起しやすい状況を作り出すことができます。

 

ストレス軽減

ストレス

 

リラックスだけでなく、ストレスを軽減してくれる作用もあります。

ストレスを軽減することで、性欲を奪うもの(ストレス)を失くしてくれます。

 

興奮させる

興奮

 

コーヒーを飲みすぎて眠れなくなった人はいると思います。

カフェインには、興奮させる作用があり、眠りにくくなります。

一時的に興奮することで、性欲が高まり、勃起しやすい状況が生まれます

 

このようにカフェインには性欲や精力を間接的にですが、上げてくれる効果を持っています。

摂取もしやすいので、「性欲がいまいち」と言う人や「精力を気軽に上げたい!」と思っている人は試してみると良いでしょう。

 

カフェインは勃起にとって悪影響だ派の理論

今度はネガティブイメージ派の意見をみていきます。

カフェインには以下のような効果があるので、勃起に悪影響を与えると言う人の理論です。

 

亜鉛が体から出て行ってしまう

トイレ

 

亜鉛といえば、精力アップの味方です。

亜鉛はカフェインと結びつきやすく、尿などの形で体から出ていく特徴を持ちます。

過度に摂取することで、亜鉛を外に放出することになり、精力の減退に繋がります。

適量であれば特に問題ありません。

 

コルチゾールが影響する

ストレス

 

カフェインを摂取することで、コルチゾールが分泌されやすくなります。

コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれており、精力アップの天敵としても有名です。

コルチゾールは男性ホルモン・テストステロンの分泌を邪魔してしまうので、結果的に精力の減少に繋がります。

 

睡眠障害 

睡眠

 

コーヒーを飲むと寝つきが悪くなります。

睡眠時間が減少し、疲労回復の効果があるメラトニンの分泌が減少します。

メラトニンの分泌が減ると、疲労回復が十分にできません。

その結果、どんどん疲れが溜まり、精力の減退に繋がります

 

精力関係以外のカフェインの効果

ここでは、まだ紹介していないカフェインの効果を見ていきます。

 

集中力が高まる

会議

 

カフェインには、集中力を高める効果があります。

カフェインが脳に伝わることで、一時的にはありますが疲労感を休めます。

これは、アデシノンという物質を遮断するためです。

アデシノンとは、体内で自然に発生する物質で、睡眠パターンを調節するものです。

 

運動能力の向上

運動

 

カフェインには運動能力の向上効果があることが判明しています。

特にマラソンやトライアスロンなど、断続的に動き続けるスポーツでのパフォーマンス向上に有効です。

マラソン大会の前は、カフェインを摂りましょう!

 

カフェインで運動能力が向上した報告

2~3キロの中短距離走では、400mgのカフェインを摂取した選手の方が、プラシーボを摂取した選手よりも明確に良い記録が出たとのことです。

自転車競技でも有効性が報告されており、カフェインと炭水化物を摂取した選手は、水だけの選手に比べ9%も良い成績でした。

また、炭水化物のみの選手と比較すると4.6%の向上が見られました。

 

カフェインは運動能力の向上効果が多く報告されています。

カフェインで元気になれば、ベッドでのパフォーマンスも向上するかもしれません

 

記憶力の向上

記憶力の向上

 

カフェインは記憶力を向上させます

2013年にアメリカで発表された論文によると、200mgのカフェイン(コーヒー2杯分)を摂取することで、前日に出した問題を覚えている確率が格段に向上しました。

大事な試験を控えている方は、毎日2杯のコーヒーを飲んでから、勉強を始めるようにしましょう。

 

ダイエットサポート

ダイエット

 

カフェインにはダイエットサポート効果があります。

カフェインが生成するアドレナリンは、脂肪組織に対して、「脂肪酸として燃えやすい状態に切り離すように!」との合図を送ります。

注意して欲しいのは、脂肪はまだ燃えていないということです。

ただ単に脂肪酸に脂肪酸になっただけであり、それを燃やさないと体重は減りません

あくまでもダイエットサポートです。

 

カフェインの副作用

カフェインの効果を見てきました。

体にとって有益なカフェインですが、たくさん摂れば良いものではありません。

適量を摂るようにしましょう

 

カフェインの副作用

  • 不安感・焦燥感
  • 不眠症
  • パニック発作
  • 胃痛・胸やけ
  • 吐き気
  • 頻尿

 

特徴的な副作用をご紹介します。

中毒性がある

カフェインには中毒性があると言われています。

カフェイン中毒の人が、急にカフェインの摂取をやめると、頭痛やめまい、イライラなどの症状が発生するリスクがあります。

また、カフェインには致死量があります。

過剰摂取したことによる死亡事故も存在します。

飲み過ぎ注意です。

 

胸やけや胃もたれ

カフェインは胃に存在する酸の量を増やす作用があります。

コーヒーを大量に飲むと、胸やけや胃もたれを感じる事があります。

 

トイレが近くなる

カフェインには利尿作用があります。

コーヒーを飲んだ後にトイレに行きたくなるのはこのためです。

カフェインは一定量しか体内に蓄積が出来ないため、大量に摂取すると尿となって体外に排出されます。

 

骨粗鬆症になるかも

カフェインにはカルシウムの吸収を阻害する効果があります。

過剰に摂取することで、骨のカルシウム濃度が下がり、骨粗鬆症になる恐れがあります。

 

カフェインを多く含む食べ物

カフェインを多く含む飲み物には次のようなものがあります。

 

品目 カフェイン量
玉露茶 150ml 150mg
コーヒー(ドリップタイプ) 150ml 60mg
コーヒー(インスタント) 150ml 60mg
抹茶 150ml 45mg
ウーロン茶 150ml 30mg
コーラ 500ml 50mg
レッドブル 250ml 80mg

 

玉露茶が一番カフェインを摂取できます。

 

最後に

コーヒー

 

カフェインと勃起の関係についてお話ししました。

コーヒー2・3杯分のカフェインを摂取することで、勃起不全の可能性が下がる傾向にあります。

ただ、明確なメカニズムはまだわかっていないという話でした。

カフェインはうまく付き合うことで、多くのメリットをもたらしてくれます。

賢く利用するようにしましょう。

 

効率良く勃起するにはカフェインよりも健康な生活から

男性機能は数ある体の器官の中で、「最も繊細」と言われています。

ペニスの周りに存在する血管は脳や心臓の血管よりもはるかに細いです。

そのため、体や精神の不調は真っ先にペニスに表れます。EDとして

日頃から健康的な生活習慣を送ることで、勃起力は改善するはずです。

最後におすすめの方法をご紹介します。参考にしてください。

 

  • 定期的に運動する
  • チントレする
  • 食生活を見直す
  • サプリメントや精力剤を利用する

 

いっぺんに全部やろうと思うと大変です。

できることから取り組みましょう

 

漢方精力剤もチェックしてみてください

漢方精力剤は、副作用の心配なく勃起できる優れものです。

是非ともチェックしてみてください。

→ 2020年おすすめの漢方精力剤ランキングベスト3

-絶倫, 食べ物
-, , ,

© 2020 漢方精力剤の教科書「ペニスの拳」

\ 史上最高品質の漢方精力剤! /
\ 史上最高品質の漢方精力剤! /