有名人 絶倫

校長の前世?3千人以上の女性を抱いた在原業平とは?性豪っぷりや人物像の紹介

日本の歴史上、最高のヤリチンと言えば、校長です。

校長とは高島雄平さんのことで、1万2千人以上のフィリピン人女性とセックスしました。

 

校長

 

校長を彷彿させる歴史上の性豪が、「在原業平」です。

  • 在原業平がどんな人物か?
  • どのような性豪っぷりなのか?

みていきます。

 

このサイトでは、漢方精力剤についての特集記事を書いています。

在原業平のようにいつまでも健康な体で勃起した人向けの製品です。

是非ともチェックしてみてください。

おすすめの漢方精力剤ランキングベスト3

 

在原業平とはどんな人物?

在原業平

れきし好きっ!より画像引用

在原業平と言えば、和歌の名手です。

古今和歌集に30種類もの短歌を残しました。

彼は同時に、プレイボーイでもありました。

「生涯で3000人以上の女性と寝た」と言われています。

いったいどういう人生を歩めば、彼みたいになれるのでしょうか?

 

三船敏男
いやいや、寝すぎな!

 

気の毒な生い立ち

在原業平は、平城天皇の孫として825年に生まれました。

皇族の血を引く家系です。

しかし彼は、ワケあり家系でした。

 

在原業平家系図

大人になってから学びたい日本の歴史 より引用

 

ワケあり①:祖父・平城天皇の子孫は、天皇陛下候補にならなかった

普通、天皇家の男子と言えば、後の天皇陛下候補です。

しかし、平城天皇の時代は、様子が違っていました。

 

在原業平誕生前の810年、

平城上皇(天皇位を嵯峨天皇に譲って上皇になっていました)が、嵯峨天皇に対して反乱を起こしました。

反乱の内容としては、

「平城京に戻って朕に政治させてくれ」

というものでした。

 

この事件の後、平城上皇の関係者は処罰されました。

子孫たちは次期天皇候補から外されました。

皇族としては微妙な立ち位置です。

平城上皇自身は、隠居生活するハメになりました。

 

ワケあり②:臣籍降下

有原業平が1歳の頃、事件が起こりました。

「臣籍降下」です。

このとき、「在原」という名字が与えられました。

それまで、名字のない世界で生活していましたので、「名字を与えられた」というのは、屈辱的だったのではないでしょうか?

 

三船敏男
といっても彼はまだ赤ちゃんでしたが。笑

 

臣籍降下とは?

  • 簡単に言うと、皇族のリストラ
  • 在原業平が生まれた頃は、皇族が多すぎて、彼らへのお給料が国の財政を圧迫し始めていた
  • 臣籍降下の主要な対象者は「皇位継承の見込みが0に等しい者」だった
  • 在原業平は、祖父の平城天皇がやらかしてしまっていたから、その対象者に選ばれた

 

三船敏男

在原業平は、皇族家系として生まれました。

しかし、祖父のやんちゃや、臣籍降下の影響で、大変な立場だったことが想像できます。

 

仁明天皇時代の在原業平(845年~)

仁明天皇時代、在原業平は、天皇の秘書的役割の蔵人として、仁明天皇に仕えていました

849年には従五位下に昇進しています。

 

文徳天皇時代の在原業平(850年~)

文徳天皇時代は、彼にとって不遇の時代だったと予想されます。

昇進できず、官職に就いた記録も残されていません。

 

清和天皇時代の在原業平(858年~)

この時代は、様々な仕事を経験しています。

左兵衛権佐、左近衛権少将、右近衛権中将と武官を歴任しました。

873年には従四位下に昇叙しています。

 

陽成天皇時代の在原業平(869年~)

陽成天皇時代も順調に昇進を果たしました。

877年に従四位上、879年には蔵人頭に叙任されます。

 

この頃、分徳天皇の皇子・惟喬親王に仕え、和歌を教えるようになります。

 

在原業平の最後(880年)

晩年は、蔵人頭の要職に就きます。

880年の5月28日、在原業平は生涯に幕を閉じました。

56歳でした。

 

周囲の人が見た在原業平

在原業平は、在原業平らしく人生を楽しんでいたことが伺えます。

周囲からの評価が、『日本三代実録』に記されています。

「体貌閑麗、放縦不拘、略無才覚、善作倭歌」とあります。

 

体貌閑麗・放縦不拘 美男子で自由奔放という意味です
略無才覚・善作倭歌 学力は乏しいが、優れた和歌を作っていたと言う意味です

 

まとめると、

自由奔放なイケメンで、勉強はできなかったけど和歌の才能はあった人物

です。

在原業平

京都奈良歴史散歩より引用

 

歌人としての才能が世間に認められていた

在原業平は、歌人としての実績を残しています。

  • 古今和歌集に30首
  • 勅撰和歌集に87首

和歌を残しています。

 

また、優れた歌人として評価され

  • 六歌仙(6人の和歌の名人選抜)
  • 三十六歌仙(36人の和歌の名人選抜)

として選ばれています。

 

『伊勢物語』にも在原業平の和歌は収録されており、和歌の才能を認められていたことがわかります。

 

当時は和歌が上手な人がモテた時代

当時の男女は、結婚初夜まで直接顔を合わせることがありませんでした。

女性にとって、直接男性に顔を見られることは恥ずかしいことでした。(乳首を見せるのと同じレベルです)

そのような時代に、深い恋愛へと発展する方法が「和歌」でした。

 

まずは男性が、周囲の評判や噂を聞いて、女性に和歌を送ります。

女性はその和歌に返歌で返事をします。

このときのやりとりで、会う・会わないが決まります。

つまり、「和歌がうまい=女性にモテる」です。 

 

在原業平はめちゃくちゃモテました

才能を持て余すことなく、次々と女性を落としました。

 

会ってみるとイケメンなので、余計にモテました。

血筋も良く、文句なしでした。

 

三船敏男
うらやまけしからん!

 

在原業平の性豪話

夜這いの跡

 

在原業平は、数々のタブー恋愛を犯しています。

自分の心のままにグイグイ行くタイプの人であったことがわかります。

 

在原業平がヤリチンになるきっかけ(※推測の話です)

在原業平がヤリチンになったのは、天皇になる可能性がなくなった後の話です。

当時の年代(850年)から、「彼がヤリチン化したのはこの頃じゃない?」と言われています。

 

没落した家系の復活を目指す在原業平

在原業平の家系図大人になってから学びたい日本の歴史 より引用

在原業平の家系は、祖父・平城天皇の代で没落してしまいました。

在原業平は、臣籍降下してしまった家柄を復活させようと、努力していました。

 

キーとなるのが惟喬親王(これたかしんのう)です

惟喬親王は、文徳天皇の第一皇子でした。

惟喬親王が天皇になれば、在原業平も中央政界に復帰できる可能性がありました。

 

惟喬親王と清和天皇との覇権争い

惟喬親王は第一皇子で、文徳天皇に可愛がられていました。

しかし、結局のところ、惟喬親王は皇太子に選ばれませんでした。

惟仁(これひと)親王が皇太子に選ばれます。清和天皇の誕生です。

 

清和天皇誕生の背景に藤原良房あり 

この背景には、清和天皇の叔父に当たる藤原良房の存在があります。

藤原良房は、清和天皇の叔父です。

彼が、惟喬親王の天皇即位を妨害しました。

そもそも清和天皇は当時、乳飲み子でした。

なんとしてでも身内を天皇にしようとする藤原良房のやり方には、批判も多くありました。

 

とにかく、藤原良房の強引さにより、在原業平の希望は打ち砕かれました。

このときの西暦は850年。在原業平は20歳です。

在原業平のヤリチンはこの頃から始まったのではないかと推測されています。

 

在原業平の特徴的な恋愛エピソード

在原業平はとてもモテたらしいです。

そんな彼の恋愛エピソードをご紹介します。

 

友人・惟喬親王の娘を嫁にした

在原業平が妻に選んだのは、惟喬親王の娘・紀有常の娘でした。

在原業平は、惟喬親王と友人関係でしたので、友達の娘と結婚したことになります。

2人の間には子どもが3人誕生します。

 

藤原高子とのタブーな恋愛

藤原高子は、清和天皇の奥様です。

 

在原業平の家系図

大人になってから学びたい日本の歴史 より引用

この家系図を見るだけで、アチチな恋愛をしていることがわかります。

現代の小室圭さんどころじゃありません。

 

在原業平と藤原高子との恋愛は、高子が妃になる前の話です。

しかしそれでも、禁断の恋でした。

 

当時の高子は、のちの清和天皇の女御候補として大切に育てられていました。

藤原高子は、東五条院で生活しており、在原業平は東五条院に通うようになります。

その後2人は駆け落ちを決意し、屋敷を抜け出しますが、失敗に終わりました。

 

この恋愛には裏があったのではないかと言われています

例えば、

「藤原高子が清和天皇に嫁ぐのを防ぐためだったんじゃないか?」

という話があります。

しかし、真偽のほどは不明です。

 

在原業平が藤原高子と破局後にうたった和歌

藤原高子と会えなくなったあと、在原業平は境遇が変わりました。

しかし、「高子への想いは変わらない」と嘆いた和歌です。

とある夜、在原業平はこの和歌をうたい、泣きながら家に帰ったという話があります。

 

月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ

わが身ひとつは もとの身にして

 

(現代語訳)

月は、去年の月と同じではないのか。春は、去年の春とおなじではないのか。

変わらぬのは私の体1つなのだなぁ。。。

 

恬子内親王とのタブーな恋愛

恬子内親王は、伊勢人神宮の巫女になった女性です。

巫女になれるのは、皇女の未婚の女性のみです。

巫女になることは、神に仕えることを意味します。

処女じゃないといけません。

 

在原業平は伊勢国へ行き、巫女内親王と出会いました。

そこで口説くことに成功し、一晩だけ男女関係を持ってしまいました。

 

巫女という立場の女性を口説く度胸が彼にはありました。

これにより、男の子が誕生しました。

タブー出産だったため、男の子は別の方が引き取りました。

 

3733人の女性を関係を持った

在原業平が校長の前世だと言われる所以は、経験人数の多さです。

伊勢物語の注釈書『和歌知顕集』に、「生涯で3733人の女性と関係を持った」と書かれています。

江戸時代、井原西鶴の『好色一代男』の主人公、世之介は、3742の女性と関係を持っています。

これは、在原業平よりも9人多いです。

「在原業平よりもモテる男をアピールしたかったのでは?」と言われています。

 

三船敏男
完全に嫉妬ですな

 

最後に

在原業平

百人一首ガイドより引用

在原業平がどんな人物か?見てきました。

自分の心のままに、悠々自適に人生を過ごした人物だと推測できます。

さすが校長の前世です!

彼に倣って、心のままに女性を口説きましょう^^

-有名人, 絶倫
-, , , ,

© 2020 漢方精力剤の教科書「ペニスの拳」

\ 史上最高品質の漢方精力剤! /
\ 史上最高品質の漢方精力剤! /